サービスの ご案内
   

隠し海外資産・銀行口座を調査

訴訟の際事前に相手側の資産内容を知ることは重要です。
調査は動産(銀行口座, 有価証券, 自動車, 船舶,飛行機)、不動産(個人,共同名義) を含みます。

  • 銀行口座調査 (全州,各州毎対応可) - 銀行名,住所,口座タイプ,現在高,最近の出入金などが判ります。
  • オフショア口座(海外隠匿資産) - 海外に隠匿された資産を調査します。
  • 船舶,飛行機,自動車 - 所有者の確認と対象となる自動車, 船舶や飛行機の価値
  • 不動産 - タイトル,不動産登記簿を取得し所有権者,現在評価額、固定資産税などを調査します。
  • 依頼により日本にある不動産の登記簿,不動産鑑定を取得いたします。

個人の信用とバックグラウンドを調査

本人の同意、正規の手順を踏むことにより、以下のような調査が可能になります。

  • 個人信用チェック : この調査により個人の債務内容(クレジットカード、住宅ローン、など) 債務額、返済状況、クレジットスコアを含み 個人のクレジットを計るための重要な指標となります。
  • 個人バックグラウンド調査 : 対象者の自宅住所、ランドライン、携帯電話、SNS (ソーシャルネットワーキングサービス)、 犯罪歴、民事訴訟歴、破産、債務判決、雇用歴、個人信用スコアレポート取得、などの調査が含まれます。

刑事事件、交通事故を調査

交通事故再現調査、目撃者とのインタビュー、刑事事件審理前の証拠物件収集、目撃者の割り出しとインタビュー、 警察によるインタビューアシスト、裁判傍聴エスコート、等をはじめ 個人犯罪歴、性犯罪者リストにいたるまで幅広い調査サポートを提供します。

保険の不正申請と不正受給を調査

労災保険、車両保険、その他の、保険金の不正申請が疑わしい受給者の状況を調査いたします。

詐欺を調査

アメリカで邦人をターゲットにした詐欺は、投資家詐欺、美術品贋作詐欺、高級外車登記改竄、不動産詐欺、語学学校入学金詐欺、 など多岐に及びます。警察への被害届アシストから、被害者、関係者とのインタビュー、証拠物件の収集、銀行入金経路解明を含め 包括的な調査をいたします。

行方不明者、遺産相続者を捜索

アメリカで失踪する邦人は留学生、単身赴任の企業駐在員、新生活を目的に渡米する者、など性別や年齢に関係なく様々です。 我々は長年の経験から、彼らの生活行動パターンを把握したうえで豊富なデータベース、他州の調査員ネットワークや 実際に足を使っての調査から解決へと導きます。

監視調査

高性能ビデオ監視機器、GPS発信装置、ドローンや調査員の足を使っての現場調査も併用し、下記状況に対応しております。

  • 邦人行方不明者捜索 (他州や他国との豊富なサーチネットワークを駆使しエリアを限定せず調査が可能です)
  • 職場での暴力,倉庫での在庫盗難
  • 労災保険不正受給
  • 遠隔地不動産や詐称疑いのある不動産鑑定のための航空写真撮影
  • 夫婦間の裏切り行為
  • 専門家による家庭内暴力, 家族のドラッグ問題介入, 高齢者虐待現場での監視
  • 家屋, アパートメント,オフィスへの盗聴装置の探知 (バッグスウィープ)

   

雇用時バックグラントを調査

採用社員のためのスクリーンチェックです。ソーシャルセキュリティーチェック、学歴、犯罪歴、民事訴訟歴、ドライブ歴、 各種職業ライセンス有効確認、クレジットチェック、などが含まれます。

企業デユーデリジェンス

デユーデリジェンス調査とは、対企業の包括的な実質価値を評価するための調査であり、特に大型取引や企業買収、 合併の判断を下すのに役立つ指標となります。デユーデリジェンス調査をすることによりより正確、客観的な判断を 下すことができ契約寸前になっての不測事態を回避することにつながります。
特に対海外企業との下記のような状況を想定している場合は必須となってきます。

  • ビジネス単体,総体買収
  • 企業買収, 合併
  • ビジネスパートナーシップ確立
  • 巨大なビジネス契約締結
  • 相手企業の資産,利益,経営陣インフォメーションなどに疑問がある場合

社内セクハラ、暴力、倉庫内在庫盗難を調査、事後処理

企業内でのセクハラや暴力、倉庫や工場での在庫品盗難などは、従業員のモラル低下につながり、 会社に対する不信感から同様な問題を誘発させる要因ともなり、迅速な対応、そして、適切な事後処理が重要となってきます。

  • 専門家による定期的な企業内セクハラ,暴力/在庫盗難予防セミナー
  • 在庫品盗難の予防、危機管理マニュアル作成
  • 倉庫内での在庫盗難が発生した際被害詳細を調査、関係者へのインタビューなど 迅速な対応と事故再発防止のための適切な事後処理
  • 監視/防犯カメラなど既存セキュリティーシステムの総点検と改善へのアドバイス

   

未請求・遺棄された不動産の調査、仲介業務

ハワイ、アメリカ本土、カナダや中南米諸国をめざし、一躍海外移住した邦人が故郷に残した不動産の中には、 半世紀以上経った今でも置き去りにされているものがあります。 特に九州,四国,中国諸県に多く点在しています。 インターセック広島オフィスは海外移住者によって放置された不動産オーナーを 特定してから海外に住む相続人をトレースします。

相続人と売買交渉から契約に至るまで、必要な一切のサービスを提供しており成功を収めてきています。 交渉にはバイリンガルで日米の文化、商習慣、不動産に精通した経験豊富なスペシャリストがアシストいたします。

  • 海外移住者によって故郷に残された不動産を特定しそこからオーナーの子孫で海外に居住する相続人をトレースします。 これまでに、アルゼンチン、ブラジルを含む南米諸国、アメリカ、カナダに散らばる日系相続人と交渉し売買成立を 成功させてきた実績があります。
  • 相続人には日本に残された不動産詳細を説明し、購入希望条件を提示し売買交渉から契約に至るまでバイリンガルの スタッフによる一貫した仲介サービスを提供いたします。
  • また日本に不動産を所有しアメリカにいながらにして売却に興味ある方はご相談ください。

遺産相続人を捜索

Intersecは遺産、後見人、信託の受益資格を持つ法定相続人や受益者の居所を特定します。 対象者はアメリカ国内に限らず国外にも散らばっております。

通常例としてアメリカ男性と結婚し長年米国在住、夫に先立たれた日本人妻も後年亡くなり、 子供のいない妻の遺した財産は通常州認定管財人によって妻の親族が特定されるまで管理されます。

私共は管財人の依頼により日本にいる妻の親族を特定し現住所を割り出し、相続が円滑に引き継がれるようアシストします。

家系図作成

アメリカに住む日系家族にとって祖先がいつどこから来たかを知り、各世代どのように家族が拡散され、 現在の家族構成に至ったかを知るのは大きな関心事です。

私共は戸籍簿から家系図トップである祖先から現在の家族に至るまでの家系をたどり、 その間日米両国に拡散する兄弟姉妹、姪、甥、従兄弟姉妹の家族構成を含め「家系図」を作成致します。



お気軽に、お問い合わせください。



インターセック監修 記事より
(2021年6月16日)